効率よく酵素を体内に取り入れる方法

ただ飲むだけじゃダメ!酵素を効率良く体に吸収させる方法

酵素を効率良く体内に取り入れる方法
6511 views

ここ数年、酵素が持つチカラが世間に注目されています。

体のなかにある酵素が不足してしまうと、新陳代謝が鈍っていくらダイエットをしても太りやすい体質になりますし、お肌の調子も悪くなってしまいます。

健康的な体を維持するためには、酵素が不足してしまう原因を探るとともに、酵素の無駄使いを減らし、効率よく摂取できる方法を知る必要があります。

酵素が満ち足りている状態にあれば、美肌効果・ダイエット効果が出やすくなりますよ。

なぜ酵素が不足してしまうの?身近に潜む5つの原因

体内酵素(消化酵素と代謝酵素)は体内で作られています。でも、思ってもいない意外な理由で酵素は消費されています。

もしかしたら、無意識のうちに体内酵素を減少させてしまう習慣を、あなたも持っているかもしれませんよ?さっそくチェックしていきましょう。

《原因その1》加齢によって体内の生産数が低下

年齢を重ねると、それに比例して体内酵素の生成量は減少していきます。

20代から緩やかに減少していき、40代を過ぎると激減。つまり、成人のほとんどが酵素不足になっていると言っても過言ではありません。

《原因その2》食事の種類・食材の調理法

脂っこい食事やジャンクフードは、酵素をたくさん使わなければ分解することができません。胃もたれするのは体内酵素で消化しきれなかった証拠。

また、食物酵素が含まれている野菜・果物・生肉であっても、48度以上に加熱してしまうと酵素の働きが失活してしまいます。

《原因その3》風邪・生理などの体調不良

免疫力が低下すると風邪をひきやすくなります。さらに、風邪をひくと、体内に侵入したウィルスを追い出すために、酵素がたくさん消費されます。

また、生理中は体に水分を溜め込みやすく、代謝が停滞する時期。酵素をフル動員させても、こんな状態ではいくらあっても足りません。

月経時の経血は、酵素の働きによって凝固せず液状で出てくるのが通常ですが、酵素が不足しがちだとレバー状の経血がでやすくなります。

《原因その4》飲酒・喫煙

お酒を飲むと、アルコールは肝臓でアセトアルデヒドという有害物質に変化します。この有害物質を分解して無害化させるのも酵素の役割です。

二日酔いが起きるのは、体内酵素では分解しきれないほどのお酒を飲んでいる証拠。

また、タバコの煙にはたくさんの毒素が含まれています。この毒素を無害化させるために酵素が働きます。また、毒素によって傷ついた細胞を修復するためにも酵素は消費されていきます。

《原因その5》ストレス・生活習慣で活性酸素を量産している

仕事・人間関係で溜め込むことの多いストレスですが、このストレスによっても酵素が減ります。ストレスが、消化酵素の働きを活性化させるセロトニンの量を減らしてしまうのです。

さらに、ストレスは活性酸素を生み出します。体の老化を早める活性酸素を取り除くために、消費されるのが白血球と酵素です。

体内酵素は夜中の睡眠中に生成されるわけですが、夜更かしをして寝る時間が少なくなると、十分な量の酵素を生成できなくなってしまいます。

暇つぶしに行う寝ながらスマホも、酵素を無駄使いする原因になるだけでなく、ブルーライトを浴びることで睡眠障害を引き起こします。


以上のように、体内酵素はごく普通の生活をしていても、簡単に消費してしまうわけです。

「酵素不足が続くとどんな症状が起きるのか」気になる方は酵素が不足すると健康にも影響があるの?もぜひ読んでみてください。

今すぐ実践!日常生活のなかで酵素を効率的に摂る方法

何気なく生活していても、意外に酵素を消費していることがわかりました。なるべくなら酵素を無駄使いしたくないものですよね。

では、酵素が不足してしまわないように、効率よく酵素を体内に取り入れる方法はないのでしょうか?

生野菜・フルーツを積極的に食べよう

生野菜・フルーツには酵素がたっぷり含まれています。なるべく旬のものを、常温で、新鮮なうちに食べるようにしましょう。

すりおろすことで活性化

酵素が含まれている食材はすりおろすことで酵素のパワーアップ。酵素が閉じ込められている細胞膜が破壊されるので、酵素の働きが活性化するのです。

なので、スムージーやドレッシングにして食べるがおすすめ。ただし、包丁で切るよりも、失活するまでのスピードが速くなるので、一度にすりおろすのは食べ切る量にしましょう。

発酵食品にも酵素がたっぷり含まれています

野菜の値段が高騰しているときには発酵食品に頼るのも手。

発酵食品といえば、ヨーグルト・チーズ・キムチなどが有名ですが、日本食である納豆・味噌・醤油・塩麹なども発酵食品の一種。

スーパーで売られているだし入りなどの味噌は添加物が多く、添加物の分解に体内酵素が使われてしまうので注意。どうせ買うなら、多少高くても無添加味噌を選びましょう。

よく噛んで食べることで消化しやすい状態に

よく噛まずに食事をすると、食べたものをもっと細かく分解させるために、消化酵素をフル動員させなければなりません。

でも、しっかり噛んで食べることで、唾液にあるアミラーゼという消化酵素が食べ物と混ざり合い、消化しやすい状態になっています。

1口あたり30回は噛むように意識したいものです。

お寿司は理に適った日本食だった

生肉にも当然、酵素が含まれています。日本人には馴染みのある刺身なら、普段の食生活に取り入れることができます。

とくに、お寿司のシャリに使われるお酢には、酵素を活性化させる働きがあるのでオススメ。

酢に含まれるクエン酸が、食べたものの栄養素をエネルギーに変換する働きがあるので、酵素を無駄使いせずに、消化吸収を高めることができるわけです。

同じ酢でもバルサミコ酢なら、カルパッチョ・サラダなどの洋風メニューにも、活用することができますよね。

補酵素も積極的に摂ることで効果UP

取り込んだ酵素を効率よく働かせるためには、補酵素を摂るのがいちばんです。

補酵素とは単体では何もできない酵素を結びつくことによって、酵素の力を働かせるもの。

ビタミン・ミネラルなどの栄養素を指します。今ではすっかりメジャーな栄養素、コエンザイムも直訳すると補酵素という意味になります。

酵素が、その種類によって特定の働きをするのと同じように、補酵素にも特定の役割があり、酵素が働く手助けをしてくれます。

  • ビタミンB1(チアミン)→糖をエネルギーに変える
  • ビタミンB2(リボフラビン)→脂肪をエネルギーに変える
  • ビタミンB3(ナイアシン)→脂肪・炭水化物の代謝をサポート
  • ビタミンB5(パントテン酸)→糖質・脂質・タンパク質の代謝をサポート
  • ビタミンB6(ピリドキサール)→タンパク質・アミノ酸の代謝をサポート
  • ビタミンB7(ビオチン)→糖質・脂肪酸・アミノ酸の代謝をサポート
  • ビタミンB9(葉酸)→細胞・血液の生成をサポート
  • ビタミンB12(コバラミン)→血液の生成をサポート
  • コエンザイムQ10→エネルギー生成をサポート
  • マグネシウム→糖質・脂質・タンパク質の代謝をサポート
  • イオウ→糖質・脂質の代謝をサポート

などなど。これらの補酵素をしっかりと補うことで、酵素が効率よくスムーズに働かせることができます。

忙しいときはサプリメントに頼りましょう

酵素は食生活を意識することで、積極的に体内へ取り入れることができます。

ですが、1日の食事のなかで摂取できる酵素には限りがありますし、毎日生食ばかりではお金もかかって続けられるものではありません。

それに酵素ばかりを気にした食事によって、ほかの栄養素が不足するようになってしまっては意味がありません。

そんなときには、生酵素サプリの出番。

生酵素サプリなら、生食を心がける必要もなければ、鮮度を気にする必要もなし。これまでの食生活を変えることなく、高濃度の酵素を確実に摂取できます。

ただし、酵素と名のついたサプリならなんでも良いわけではありません。酵素が熱に弱いのはもうご存知かと思いますが、サプリはカプセル化する製造過程で加熱することが多いです。

ぜひとも、非加熱製法を取り入れた生酵素サプリを選ぶようにしましょう。

こちらの記事もオススメです

生酵素ダイエットで痩せる人と痩せない人の違い

生酵素ダイエットで痩せる人と痩せない人の違い

大人気の生酵素ダイエットですが、なかには痩せないという感想も見かけます。でも、実際のところは先入観による間違ったダイエット方法が原因なんです。せっかくの生酵素ダイエットを失敗しないよう、痩せる人と痩せない人の違いについて詳しくお伝えします。
中性脂肪を効率良く基準値まで減らす方法

中性脂肪を効率良く基準値まで減らす方法

中性脂肪を効率的に減らすには、どうしたらいいのでしょう?まずは中性脂肪が増える原因を理解し、基準値まで下げる第一歩を踏み出しましょう。このページで紹介する方法なら、意外と早く減らすことができるかも知れません。
コレステロールとは何?その種類と値を減らす方法

コレステロールとは何?その種類と値を減らす方法

コレステロールが高いままでいると恐ろしい病気を招きます。手遅れになる前にコレステロールを下げる努力が必要です。このページではコレステロールの全てと、コレステロールを下げるための効率的な方法をいくつかご紹介しています。
生酵素サプリの飲み方と効果的な飲むタイミング

生酵素サプリの飲み方と効果的な飲むタイミング

生酵素サプリは、いつ、どのタイミングで飲めば良いのでしょう?実は、その人によって飲むベストタイミングが存在します。ここでは、目的に合わせたベストな飲み方や、多くの方がやってしまうNGな飲み方についてもご紹介します。
酵素と乳酸菌の相性は?一緒に摂取したほうが良い理由

酵素と乳酸菌の相性は?一緒に摂取したほうが良い理由

少しでも健康に気を使っている方なら、酵素や乳酸菌を意識的に摂取した経験があるはず。実はこの2つ、非常に相性が良いのをご存知でしたか?なぜ一緒に摂ったほうが良いのか、どんなメリットがあるのかについて検証をしてみました。
ぽっこりお腹の解消は酵素におまかせ!

ぽっこりお腹の解消は酵素におまかせ!

ぽっこりお腹を解消するには、ハードな腹筋運動や炭水化物抜きダイエットしか手段はないと思っていませんか?実は、これらのダイエット法は期待したほどの効果は得られません。ここでは、ぽっこりお腹を根本から解消する方法をお伝えします。
生酵素サプリは副作用の心配は無いの?

生酵素サプリは副作用の心配は無いの?

生酵素サプリを飲んでみたいけど、安全性や副作用などがちょっと心配...。初めて生酵素サプリを飲むなら、やはり気になるポイントですよね?では、実際に副作用などがあるのかどうかを事前に徹底チェックしてみましょう。
正月太りの解消に効果的なダイエット法

正月太りの解消に効果的なダイエット法

正月太りを解消する効果的なダイエット方法ってある?今回は正月太りをリセットするのに最適なダイエット法をご紹介します。また、来年は正月太りにならないための予防策も合わせて公開中!
生酵素サプリ最新ランキング
1位
310種類もの生酵素がたっぷり!
まあるい旬生酵素
2位
発酵パワー6.25倍の乳酸菌を配合
生酵素OM-X
3位
麹菌で出来た新タイプの酵素サプリ
なかきれい酵素
4位
高級すっぽんエキス配合の酵素サプリ
すっぽんスリム酵素
5位
初回は実質無料!気軽に試すなら
まるごと熟成生酵素

生酵素コラム

生酵素サプリの殿堂メニュー


PAGE TOP