酵素とは何か?その効果と体内での働き

そもそも酵素ってなに?体の中でどんな働きをするの?

酵素ってなに?体の中でどんな働きをするの?
4373 views

身体に大切なことはわかっていても実際どんな働きをするかまでは良く知らない人が多いのではないでしょうか?

せっかくの機会なので、酵素が一体どんなもので、私たちとどんな関係にあるのか、どんな働きをするものなのか、を改めて調査してみました。

他のサイトでは分かりにくい酵素の説明も、ここではわかりやすい表現を使って説明しているので、きっと理解できるハズ。

酵素が生命活動に不可欠なのはナゼ?

ネット検索してみると「生命活動に不可欠」とか「触媒して化学反応を起こす」とか、なんだか分かりにくい表現ばかりが並んでいます。

まず「酵素とは何たるか」を、もっと噛み砕いた表現で解説していきたいと思います。

酵素はタンパク質のひとつである

タンパク質といえば、脂質炭水化物と並んで三大栄養素のひとつとしてメジャーなものですよね。酵素は、このタンパク質の一種なんです。

試合前のボクサーが、タンパク質の多いササミ肉だけを食べ続ける、なんてよく聞く話。筋肉増量のためによく飲まれるプロテインジュースも、タンパク質が主成分です。

タンパク質は私たちの体の20%を占める

私たちの体の60%ほどが水分でできている、というのは有名な話ですが、残りの20〜30%は何かご存知ですか?

およそ20%に相当するのは内臓・血液・筋肉・ホルモンなど。これらは全てタンパク質からできています。そして、このなかに酵素も含まれています。

※ちなみに、残りの10およそ10%は脂肪や骨に該当します。

ほかの栄養素とは全く異なった働きをする

ただし、タンパク質といっても酵素がもつ働きは特殊なもの。私たちが認識しているタンパク質といえば、血や筋肉をつくる元になる主成分ですが、酵素の場合は違います。

酵素は触媒として働きます。触媒とは、化学反応を起こさせる着火剤のようなもの。化学反応とは、その物質の構造が分離したり、別の物質とくっついて新たな物質を作り出すことをいいます。

う〜ん、こんな堅苦しい説明では、ちょっと分かりにくいですよね?

光合成を例にすると酵素の働きがイメージしやすい

紅葉でわかりやすく例えてみましょう。秋になると、それまで緑だった葉は黄色〜赤く染まり始めて、落葉していきますよね?

植物たちが光合成をして生命を維持しているというのは、誰もが理科の授業で習っていることですが、実はこの光合成も酵素があってできること。

光合成の原理とは、太陽光を浴びることによって、水と二酸化炭素を、炭水化物と酸素に変化させることをいいます。

でも、太陽光・水・二酸化炭素だけでは、炭水化物も酸素も生み出すことはできません。ここで重要になってくるのが酵素の存在。

酵素が仲介人(触媒)として、太陽光・水・二酸化炭素の仲を取り持つことによって、彼らを仲良く(化学反応)させて、別のなにか(炭水化物と酸素)に変身させているわけです。

根っこから水分を吸い上げるのも、葉っぱの色が変わるのも、葉っぱが落ちるのも、腐葉土となって土に帰るのも、全て酵素の仲介あってのことです。

これと同じ現象が、私たち人間の体のなかでも起きているのです。

酵素は生命活動の要となる栄養素である

では、私たちの体のなかで酵素は、具体的にどのような働きをしているのでしょう?もちろん、光合成するということはありません。

私たち人間の場合は、以下の内容で酵素が関わっています。

  • 呼吸をする
  • 瞬きをする
  • 手足を動かす
  • 何かを考える
  • 眠る
  • 食事をする
  • 走る
  • 汗をかく
  • 排泄をする
  • 怪我をした部分の傷が治る
  • 発熱して免疫力を活性化する

など、数え上げたらキリがありません。

私たちの体内は、私たちが自覚していなくても、絶えず化学反応を繰り返して生命を維持しているのです。

しかし、化学反応を取り持ってくれる酵素が存在しなければ、上記のことを行うことはできなくなってしまいます。

当たり前のことを当たり前に行えるのは、全て酵素のおかげというわけ。酵素は、私たちの生命活動を支える基盤なのです。

大きく分類すると3つの種類の酵素があります

私たちが生きるうえで必要不可欠な酵素の存在ですが、いくつか種類があり、働き方もそれぞれ異なります。

消化で栄養を吸収しやすくする、消化酵素

私たちが食事をするのは「お腹が空くから」ですが、もっと掘り下げると「体に必要な栄養素を取り込みたいから」という理由になります。

でも食事をするだけでは、栄養素を体に与えることはできません。食べ物に含まれる栄養を取り出すためは、食べ物を細かく分解する必要があります。

そこで登場するのが消化酵素

消化酵素が作用して、噛むだけでは細かくなりきれない食べ物をドロドロの状態へと変化させていきます。

消化酵素は主に、唾液・胃液・膵(すい)液に存在しており、特定の栄養素を分解するのに優れた消化酵素が3種類あります。

  • 脂肪分解酵素(リパーゼ):脂肪→脂肪酸・グリセリンに分解
  • 炭水化物分解酵素(アミラーゼ):炭水化物→ブドウ糖・オリゴ糖・マルトースに分解
  • タンパク質分解酵素(プロテアーゼ):炭水化物→ペプチン・アミノ酸に分解

ちなみに、洗濯洗剤に表現される「酵素の力」とは、これら消化酵素のことを指します。

説明した3つの消化酵素のほかに、セルラーゼと呼ばれる、木綿やレーヨンのセルロース系繊維を分解する酵素も含まれています。

このセルラーゼには、汚れを落とす力はありませんが、繊維に作用することで、洗濯物の繊維の奥深くに入り込んでしまった汚れを浮きやすくする働きがあります。

体の隅々に栄養を届ける、代謝酵素

消化酵素のおかげで、食べたものの栄養が吸収されやすい状態になりましたが、これだけでは栄養が体内で活躍することはできません。

栄養が活躍できる場所へと届ける必要があるのです。栄養素の種類によって、活躍できる場所はそれぞれ異なってきます。

これらの栄養素を正しい場所まで届けてくれるのが消化酵素というわけ。まさに体内の配送業者ですね。

消化酵素によって栄養が細胞へ運ばれると、栄養は化学変化を起こして、血液・骨・皮膚・髪の毛を作る、内臓を働かせる、免疫力を高める、毒素を排出するなどの形へと変化します。

体内酵素は使える量が限られている

以上のように、私たちの体内では食事をすれば、消化酵素が食べ物を消化して栄養が働きやすい状態に変え、代謝酵素がその栄養をせっせと運んで生命維持に励んでくれているわけです。

消化酵素も代謝酵素も体内で生産される酵素のため、総称して体内酵素と呼ばれています。でも、この体内酵素が生産される量には限界があります。

生産される体内酵素の量が100だった場合、消化酵素・代謝酵素それぞれに均等に分配されることはなく、消化酵素から優先的に使われていきます。そして残った分が代謝酵素へと回される仕組みです。

脂っこいもの・ジャンクフードなど消化に手こずる食事をすると、ごく一般的な食事に比べて、消化酵素の消費も激しくなってしまいます。

消化酵素に要した量が80の場合は、代謝酵素に残された量は100-80=20だけ。足りないとしても、追加で酵素を足すことはできません。

体内酵素が不足し続けるとどうなるの?

代謝酵素として利用できる体内酵素量が足りない状態が続くとどうなると思いますか?

まず、栄養のある食事をしても、その栄養が働ける細胞まで運ぶことができなくなってしまいます。運ばれなかった栄養は働くことができず、結果として私たちの体にはダルい・疲れやすい・眠たいなどの症状がでてきます。

また、代謝が落ちて内臓機能も低下するため、免疫力が落ちて風邪をひきやすくなったり、ちょっとしか食べてないのに太りやすくなってしまいます。

改善策を持たずに、酵素不足の生活をつづけることで、高血圧・糖尿病・高コレステロールなど生活習慣病を引き起こす恐れもあります。

食事から酵素を摂り入れることができる

そうなんです。酵素とは体内酵素だけではないのです。

食物酵素といって、私たちの身近な食品にも酵素は存在しているのです。生の野菜・フルーツ・肉、刺身、発酵食品などがそうです。

これらを積極的に食べることができれば、消化酵素の働きに頼らず、食物自らが消化・吸収をサポートしてくれます。

使わなかった分の酵素は、代謝酵素へと回されるので、酵素不足を解消することができますよ。

酵素を摂るならサプリがもっとも効率的

もし、酵素を意識した食生活を心がけるなら、それなりの労力とお金が必要になってきます。

と、いうのも酵素は熱に弱く、食材を加熱してしまうと酵素の働きが失活してしまうのです。さらに、鮮度も重要です。一度包丁でカットしてしまうと、時間の経過とともに酵素が失活しだします。

なので、食事は生のまま、なるべく新鮮なものを食べなくては、意味がないのです。

でも、生の食品ばかりでは体が温まりませんし、食事の栄養も偏ってしまいます。食事には酵素だけでなく、他の栄養素も満遍なく摂る必要がありますよね?

バランスよい食事をするためには妥協も必要

酵素だけを意識するなら、新鮮な生食をすれば良し。でも、酵素を働かせるためには、それに伴う栄養素もしっかり摂る必要があります。さすがに、生食だけではどう頑張っても補うことはできません。

それなら、サプリに頼ってみてはどうでしょう?

おそらく他の栄養素をサプリで補うより、酵素をサプリで補うほうが、食生活的にもコスト的にも、効率が良いと思います。

生酵素サプリなら、鮮度を気にすることも、食材を悩む必要もありません。口に放り込むだけで、1日に必要な酵素量を確実に体内に取り込むことができます。

手のひらサイズなので、出張や旅行先にも気軽に持ち運ぶこともできますし、冷蔵庫のなかを陣取ることもありません。

もし、ダイエットや健康のことを気遣って、酵素を検索してきたのなら、ぜひ一度だけでも生酵素サプリを試してみてはいかがでしょうか?

こちらの記事もオススメです

正月太りの解消に効果的なダイエット法

正月太りの解消に効果的なダイエット法

そもそも、酵素の正体ってなんなのでしょう?なぜ、人が生命を維持していくのに必要と言われているのでしょうか?ここでは、初めて酵素を意識的に摂取してみようと考えている方向けに、酵素の正体についてわかりやすく説明しています。
中性脂肪を効率良く基準値まで減らす方法

中性脂肪を効率良く基準値まで減らす方法

そもそも、酵素の正体ってなんなのでしょう?なぜ、人が生命を維持していくのに必要と言われているのでしょうか?ここでは、初めて酵素を意識的に摂取してみようと考えている方向けに、酵素の正体についてわかりやすく説明しています。
生酵素サプリの飲み方と効果的な飲むタイミング

生酵素サプリの飲み方と効果的な飲むタイミング

そもそも、酵素の正体ってなんなのでしょう?なぜ、人が生命を維持していくのに必要と言われているのでしょうか?ここでは、初めて酵素を意識的に摂取してみようと考えている方向けに、酵素の正体についてわかりやすく説明しています。
酵素と乳酸菌の相性は?一緒に摂取したほうが良い理由

酵素と乳酸菌の相性は?一緒に摂取したほうが良い理由

そもそも、酵素の正体ってなんなのでしょう?なぜ、人が生命を維持していくのに必要と言われているのでしょうか?ここでは、初めて酵素を意識的に摂取してみようと考えている方向けに、酵素の正体についてわかりやすく説明しています。
ぽっこりお腹の解消は酵素におまかせ!

ぽっこりお腹の解消は酵素におまかせ!

そもそも、酵素の正体ってなんなのでしょう?なぜ、人が生命を維持していくのに必要と言われているのでしょうか?ここでは、初めて酵素を意識的に摂取してみようと考えている方向けに、酵素の正体についてわかりやすく説明しています。
生酵素ダイエットで痩せる人と痩せない人の違い

生酵素ダイエットで痩せる人と痩せない人の違い

そもそも、酵素の正体ってなんなのでしょう?なぜ、人が生命を維持していくのに必要と言われているのでしょうか?ここでは、初めて酵素を意識的に摂取してみようと考えている方向けに、酵素の正体についてわかりやすく説明しています。
生酵素サプリは副作用の心配は無いの?

生酵素サプリは副作用の心配は無いの?

そもそも、酵素の正体ってなんなのでしょう?なぜ、人が生命を維持していくのに必要と言われているのでしょうか?ここでは、初めて酵素を意識的に摂取してみようと考えている方向けに、酵素の正体についてわかりやすく説明しています。
生酵素サプリ最新ランキング
1位
310種類もの生酵素がたっぷり!
まあるい旬生酵素
2位
初回は実質無料!当サイト人気No.2
まるごと熟成生酵素
3位
発酵パワー6.25倍の乳酸菌を配合
生酵素OM-X
4位
高級すっぽんエキス配合の酵素サプリ
すっぽんスリム酵素
5位
酵素数は563種類と業界ダントツ
よくばりキレイの生酵素

生酵素コラム

生酵素サプリの殿堂メニュー


PAGE TOP