生酵素サプリは一般の酵素サプリと何が違うのか

生にこだわる理由とは?一般の酵素サプリと生酵素サプリの決定的な違い

一般の酵素サプリと生酵素サプリの違い
3452 views

酵素の認知度があがったせいか、コンビニやドラッグストアでも酵素配合のサプリが販売されるようになってきましたね。

しかし、商品化されている酵素配合のサプリには大きく分けて2つの種類が存在することはご存知でしたか?その2種類とは、生酵素酵素

もし、あなたが酵素サプリを飲んでも、大した効果を感じなかったのなら、それは生じゃない酵素の可能性が高いかもしれませんよ?

果たして、生の酵素と生じゃない酵素の違いとは?効果に違いがでる理由とはどんなものなのでしょう。

生酵素と酵素の違いとは?効果に差が生まれる理由

「生」というと生チョコのように「生だからドロっとしてる?」「日持ちしない?」など、イメージしてしまうかもしれません。

でも、サプリでは味・食感ははあまり関係ありませんよね?日持ちしないのであればサプリメントにする意味もないように感じてしまいます。

では、酵素が「生」であることに一体どんな意味・どんな差があるのでしょうか?

生じゃない酵素サプリは加熱処理されている

サプリメントというものは、栄養素をカプセルやタブレットに閉じ込めるために、高温高圧といって熱を加えることで、カプセルやタブレットを飲みやすい大きさに変えるのが一般的。

加熱することで、カプセルのなかに密閉された栄養素が酸化・劣化せずに長期保存できるようになっているわけです。

この高温高圧による製造方法は、大量生産が可能でコストも安く抑えらるため、サプリメーカーではごく一般的。

製造コストを大幅に抑えることで、宣伝に資金を回すことができ、広告が私たちの目に留まり、リーズナブルな製品価格で購入することにつながっているのです。

当然のことながら酵素サプリも、高温高圧してカプセル化されているわけです。

生酵素サプリは非加熱処理が基本

一方、生がつく生酵素の場合は、高温高圧によってカプセル化されていません。手間のかかる低温カプセル製法を用いていることがほとんど。

カプセル化させた後の乾燥処理も、熱風を使えば短時間で済むのに、ゆっくりと時間をかけて乾燥させていきます。

さきほどの高温高圧製法と比べると、低温製法は明らかにコストも時間もかかります。一見すると、非生産的な製造方法に感じてしまいますが・・・。

酵素は加熱すると失活してしまう

そうなんです。酵素は非常に熱に弱い性質を持っているのです。ほとんどの酵素が48度以上に加熱すると失活してしまいます。

※失活・・・反応しなくなること、働かなくなること

酵素はもともとタンパク質。同じタンパク質である卵で例えるとわかりやすいかもしれません。卵は生の状態だと、ドロドロした液体状ですが、加熱すると固まって元には戻りませんよね?

酵素もこれと同じように、触媒として働けるのは生の状態だけ。熱を加えるとただのタンパク質になってしまいます。

※触媒・・・体のなかで科学反応を起こりやすくさせるもの

つまり、高温高圧製法で作られた酵素サプリのなかにある酵素は、ほぼ失活状態にあるといっても過言ではないのです。

でも、48度位以上の熱を加えないよう、細心の注意を払って作られた生酵素サプリなら、酵素が体内に入った後も働くことができます。

  • 生酵素サプリ:加熱処理していないので酵素が失活していない
  • 酵素サプリ:加熱処理しているので酵素が失活している

とはいっても、酵素サプリが全く無意味なものなワケではありません。

生じゃない酵素サプリでは、肝心の酵素の働きには期待できませんが、天然植物や乳酸菌・麹菌などを原材料としているので、酵素以外の栄養成分はたっぷり。

酵素ドリンクも加熱処理されている

酵素にはサプリ以外にも、液体のドリンクタイプがありますよね。ジュースに劣らない味で美味しく飲めるのが魅力ですが、この酵素ドリンクも加熱処理されています。

というのも、厚生労働省が定める食品衛生法において、酵素ドリンクは清涼飲料水に該当します。

清涼飲料水は、65度で30分加熱して殺菌しなければ、商品として販売することはできません。つまり、酵素ドリンクには死活した酵素しか入っていないわけです。

酵素ドリンクのなかには、酵母菌や麹菌の効果を謳うものもありますが、もし加熱処理をせずにこれらを瓶にいれて密閉してしまったら、発酵によって瓶が割れてしまいます。瓶が割れないで密閉できるということは・・・。

生以外にこだわりたい生酵素サプリの選び方

生酵素サプリと酵素サプリの違いがわかったなら、選ぶのは生酵素サプリ以外にあり得ませんよね?

でも、生酵素と酵素の違いだけでなく、もう少しだけこだわって選ぶことで、もっと質の良い生酵素サプリを手に入れることができます。

補酵素が配合されたものを選ぼう

生の酵素の質が良くても、補酵素がなければ意味がありません。補酵素を一緒に摂取することで、酵素は効率よく働くことができるのです。

補酵素とは、酵素の働きをサポートする必要不可欠な存在で、ビタミン・ミネラルなどの栄養素がこれに該当します。

なるべくなら、補酵素であるビタミン・ミネラルが豊富に配合された生酵素サプリを選ぶようにしましょう。

添加物にも注意しよう

体に入る添加物の量は極力抑えたいものですが、サプリメントは製造過程を考えると、無添加で作ることは難しいのが現状かも。

でも、添加物の量は、商品の裏にある成分表を見ることである程度を把握することができるんですよ。サプリの重さから栄養成分の含量を引き算すればいいのです。

サプリ1粒の重さ−1粒あたりの栄養成分含量=添加物含量

もし、サプリが1粒300mg、栄養成分がタンパク質0.12g・脂質0.14g・炭水化物0.02g・ナトリウム0.001gとあった場合。

栄養成分を全て足すと0.281gとなります。計算式は300mg-281g=19g。1粒あたりに添加物は19g使われていることがわかります。

μg(マイクログラム)は、1μg=0.001mgに置き換えて計算することができます。

でも、サプリメントは商品化するために、多少の添加物を使用するのは仕方のないこと。あまり神経質になりすぎず、添加物が少ない生酵素サプリを選ぶようにしましょう。

生酵素と酵素の違いとは?まとめ

いかがでしょうか?

生酵素サプリと酵素サプリには、製造工程で加熱処理をしているかどうかの違いがあり

  • 生酵素サプリ:加熱処理なし、酵素は死活していない
  • 酵素サプリ:加熱処理あり、酵素は死活している

という、酵素の状態にも決定的な違いがあることが判明しました。

腸内環境改善・便秘解消・基礎代謝UP・免疫力UPなど、酵素が持つこれらのパワーが欲しくてサプリを飲むのなら、選ぶべきは生酵素サプリ一択です。

生酵素の表示があったとしても、どんな製法で作られたものなのかは必ずチェックすること。

  • 48度以上の熱は加えない低温カプセル製法
  • カプセルを乾燥させる際も熱風は加えない
  • 凍結乾燥のフリーズドライ製法

などの記載があるなら、酵素の働きを失活させずにサプリ化された商品です。もし、これらの記載が一切ないのなら、それは加熱処理しているニセ生酵素サプリの可能性が高いです。

商品の良さを知るためには、1つのものだけでなく色々比較してみるのがオススメ。詳しくなればなるほど、正しい知識で上質な生酵素サプリを選ぶことができますよ。

こちらの記事もオススメです

正月太りの解消に効果的なダイエット法

正月太りの解消に効果的なダイエット法

最近良く耳にするようになった生酵素。生にこだわる理由はいったい何なのでしょう?一般の酵素サプリや酵素ドリンクと生酵素サプリの違いは、どこにあるのでしょうか?その秘密に迫ってみたいと思います。
中性脂肪を効率良く基準値まで減らす方法

中性脂肪を効率良く基準値まで減らす方法

最近良く耳にするようになった生酵素。生にこだわる理由はいったい何なのでしょう?一般の酵素サプリや酵素ドリンクと生酵素サプリの違いは、どこにあるのでしょうか?その秘密に迫ってみたいと思います。
生酵素サプリの飲み方と効果的な飲むタイミング

生酵素サプリの飲み方と効果的な飲むタイミング

最近良く耳にするようになった生酵素。生にこだわる理由はいったい何なのでしょう?一般の酵素サプリや酵素ドリンクと生酵素サプリの違いは、どこにあるのでしょうか?その秘密に迫ってみたいと思います。
酵素と乳酸菌の相性は?一緒に摂取したほうが良い理由

酵素と乳酸菌の相性は?一緒に摂取したほうが良い理由

最近良く耳にするようになった生酵素。生にこだわる理由はいったい何なのでしょう?一般の酵素サプリや酵素ドリンクと生酵素サプリの違いは、どこにあるのでしょうか?その秘密に迫ってみたいと思います。
ぽっこりお腹の解消は酵素におまかせ!

ぽっこりお腹の解消は酵素におまかせ!

最近良く耳にするようになった生酵素。生にこだわる理由はいったい何なのでしょう?一般の酵素サプリや酵素ドリンクと生酵素サプリの違いは、どこにあるのでしょうか?その秘密に迫ってみたいと思います。
生酵素ダイエットで痩せる人と痩せない人の違い

生酵素ダイエットで痩せる人と痩せない人の違い

最近良く耳にするようになった生酵素。生にこだわる理由はいったい何なのでしょう?一般の酵素サプリや酵素ドリンクと生酵素サプリの違いは、どこにあるのでしょうか?その秘密に迫ってみたいと思います。
生酵素サプリは副作用の心配は無いの?

生酵素サプリは副作用の心配は無いの?

最近良く耳にするようになった生酵素。生にこだわる理由はいったい何なのでしょう?一般の酵素サプリや酵素ドリンクと生酵素サプリの違いは、どこにあるのでしょうか?その秘密に迫ってみたいと思います。
生酵素サプリ最新ランキング
1位
310種類もの生酵素がたっぷり!
まあるい旬生酵素
2位
初回は実質無料!当サイト人気No.2
まるごと熟成生酵素
3位
発酵パワー6.25倍の乳酸菌を配合
生酵素OM-X
4位
高級すっぽんエキス配合の酵素サプリ
すっぽんスリム酵素
5位
酵素数は563種類と業界ダントツ
よくばりキレイの生酵素

生酵素コラム

生酵素サプリの殿堂メニュー


PAGE TOP